今日も旦那の帰宅待ち

40女パラサイト既婚無職のたわごと日記

いじめに時効はあるのか?元教師の母親から職業意識を疑う言葉がまた一つ出てきました。

まぁ、ビックリしましたね。うん、さすがに。
色んな要素を組み合わせても、つくづく関わりたくないと思ってしまいました。
母親と。
 
さて。詳細です。
 
先日、母親から電話がありました。
普段、祝いごと(誕生日や母の日などの記念日)くらいの
やり取りの間隔で、しかもメールにしているので、
電話が朝8時に来たもんだから、
「あ!あの疫病神のお祖母ちゃんがやっと死んでくれたのかな♪」
と思って、ウキウキして電話に出たんです。
そしたら、私の小学校の同窓会の案内状が実家宛に送られてきたみたいで、
返事どうする?とのこと。
 
は?行くわけないじゃん。
 
と思いつつ、
「あぁ、あんまり興味ないから欠席で返信しておいて....」
とゲンナリして電話を切ろうとした瞬間、
母「内容はね~」
と喋りだすので、とりあえず聞きました、内容をさ。
優しい娘だよ、私は。陰徳積んでますよ。
 
内容
・小学校見学
・お食事会
・日時
・参加費
・発起人
・幹事たち
・参加者
 
とまぁ、ダラダラ話を聞いたんだけど、
発起人の辺りから、憎悪が出てきたのですね。
そして、幹事たちのメンツ。すでに参加表明されている方々のメンツ。
 
一気にアラフォーの私は小学校時代の私にタイムスリップしてしまいました。
当時の悲惨な思い出が次々と呼び起こされて
気持ち悪くなってきたのです。
 
なぜなら......
発起人→酷いイジメの首謀者
幹事たち→発起人にイジメられていた男児女児たち
参加者→その場を凍りつくような目で傍観するしかなかった児童たち、当時の超困っていた担任の先生
 
なに....このメンツ........
 
 
絶望しかないメンツ......
 
 
私が、「そのメンツ、最悪だから余計に行きたくないわ。」と言い、母親にこれまで一切話さなかった当時の酷いイジメの状況を説明しました。
※小学校時代から、母親に学校の様子を知らせない母親不信の私(笑)
 
そのイジメの状況を話し、そんなメンツの同窓会に行けるヤツが精神異常、と言いました。
 
そしたら、母親が一言。
「そんなイジメ、もう時効じゃない??」
 
............(゜ロ゜;
 
え?時効?イジメに時効なんてあるの?
イジメの場面を散々脳裏に焼き付けさせられた私、いじめられてないけど、これも時効なの?
当時のあの虚無感と退廃した気持ち、荒れた教室、あれ、もう時効なの?
私の小学校時代、良い思い出、ないのよ?
時効なの?
 
 
母親に何をどう説明してもムダだと知っている私は、一旦言葉を飲み込み、
「いじめた側は時効かもしれないけど、いじめられた側や周りの人は時効という気持ちの切り替えはなかなか難しいんじゃないかなぁ」
と穏やかに言いました。
優しい娘だよ、私は。陰徳積んでますよ。(二回目)
 
 
えっと、母親には通じませんでしたけど。
いいんです、通じなくて。
別にどうでも良いんです。
 
でも、今回の件は許しません。
 
私の母親は、学校の先生を40年やってきました。
私の学校の行事に母親が来たことはありませんでした。
片親なので、仕方がないと思ってました。
いつも学校学校で家庭にコミットする状況ではありませんでした。
PTAなどの役職をたくさん務めて大変そうでした。
休みの日は頭痛で寝込んでました。
大変そうでした。
 
ですが。
 
家庭を犠牲にして教師人生40年やって身を粉にして
働いてきた母親のいじめ問題についての見解が、
「いじめは時効、なかったことにしなよ」
 
母親の職業意識を疑いましたし、同時に、私は教師である母親が誇らしかったのだと気付きました。
書いていて涙が出てきました。
 
教師がサイテーとか言う話ではなく、
40年もやってきた職業に対する意識はこんなもんなんだな、
あの身を粉にして働いてきて得たものって一体何だったんだろう
と思いました。
こんなことを偉そうに「私の経験では」とか、「そんなのよくあるじゃない?」と言ってしまえる精神が腐っていると思いました。
 
「そんなのよくあるじゃない?」と言われたので、例えばどんなことがあるの?と聞いたら、母親は黙って考え込んでしまったことは母親の名誉のため、突っ込みませんでした。
優しい娘だよ、私は。陰徳積んでますよ。(三回目)
 
私は、母親の職業や働き方を誇りに思っていましたが、
すんげー裏切られた気持ちがしました。
まぁ、私が勝手に誇りに思って、私が勝手に幻滅しただけなんですけどね。
 
 
 
さよなら、私の誇り。

ようこそ、私の気づき。