読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も旦那の帰宅待ち

40女パラサイト既婚無職のたわごと日記

40女の部屋着がジェラートピケな件

部屋着なんてどうでも良いと思っていた30代をとうに越え、
40歳の今、誰に見せるわけでもないが、
部屋着をジェラートピケで揃えている。
 
 
どうだ、気持ち悪いだろう。
 
 
先日も、春物を買ってしまった。
25歳くらいの可愛い女子店員に接客されながら。
そんでもって、多分、
「なんでこんなオバサンがうちのブランドを?」と
不審に思われながら。
 
どうだ、ますます気持ち悪いだろう。
 
ファストファッションの店で買ってる
オバサンと基本的には一緒の思考だと思うが、
ここではハッキリ断言しておきたい。
 
彼女たちとは一緒にしないで頂きたい。
 
私は誰にも見せないから、許して頂きたい、ということだ。
※旦那はカウント外
 
彼女たちは、あの洋服を外出着として着ている。
すごい勇気だ。
あの勇気は私には無い分、私の勇気は部屋着に発揮される。
 
ジェラートピケが一番似合うのは10代と20代だ。
それは分かっている。十分に承知だ。
だが、似合う、似合わないの判定をするのは他人なわけであるから、
他人が介入しない世界=自宅では、40ババアが着ていても
何の罪にも問われない。
 
せいぜい、配達のお兄さんか、近所のコンビニ店員に笑われる程度だ。
外出着と違って、接触人数が違う。
これは大きな違いだ。
 
一年の大半を家で過ごす私は、
やはり部屋着にはこだわりたいのだ。
こだわった結果の、ジェラートピケだ。
たかが部屋着に結構お金をかけているのだ。
 
ジェラートピケは、パジャマ以上外出着未満の
絶妙なラインを突いてきて、私を活動モードへと誘う。
寝るわけでもないから、パジャマでもない。
外出するわけでもないから、外出着でもない。
部屋で過ごす最高の部屋着はジェラートピケだ。
これは、真実だと思う。
 
部屋着に春物もクソもあるかよ、とお思いになるかもしれないが、
季節感は大事にしたいよな。
そんなわけで、近いうちにまたジェラートピケで
買いたいものがあるので行こうと思う。
 
 
さて、お気づきだろうか?
この記事には、女子力という言葉は一切出なかった。
ジェラートピケ=女子力の塊
という世間の大きな誤解を解きたいとも思ったからだ。
 
40女が女子力鍛えてどうなる?という論点はここにはない。
部屋着=ジェラートピケ=幸せ

 という幸福論で、私のピケに対する愛を締めくくることにする。