今日も旦那の帰宅待ち

40女パラサイト既婚無職のたわごと日記

"手作り"という友チョコ爆破テロに関する被害報告

もうすぐバレンタインですね。
今日はそれにまつわるちょっとした爆破テロ事件を思い出して書いてみます。
いつどこで遭遇するか分からない爆破テロ。
用心するに越したことはないです。
 
予防法としては、
①バレンタイン付近には女子会は控える
②手作りしそうなオーラが漂っている女子(職業で言うと、奉仕的な分類にいる方々)とはこの時期は距離を置く
 
この2点が予防法です。
職業は敢えて言いません。
だって分かるでしょ?笑
私なんぞのブログを読んでしまうような方々は笑
 
 
ちなみに、友チョコ自体を否定している訳ではありません。
問題なのは"手作り"をしてくるヤツの見返りが薄汚い邪念でイッパイだ、ということに焦点を当てています。
 
さて。
だいぶ前の話ですが、金輪際、素人の手作りという食べ物から避けて生きていこう、と決意した、ある事件のことです。
 
当時、私は筋肉を付けるために、運動系の社会人サークルに入っていました。
まぁ、色んな人種がいるわけですが。
 
バレンタイン近くのある日、ある女子が「もうすぐバレンタインだから、お菓子作ったの~」と言って、男女関係なく、勝手に一人ずつ配ったのね。ラッピングまでしてあって可愛い感じで。
 
中身は、ブラウニー。
ちゃんとしたブラウニーなんてあまり食べないから、このうんこ色のグニャッとした物体は何だろう?くらいに思ってたんだけど、
その配った女子が、配り終えたら、ドヤ顔で
「この中に一つだけ、山椒が入ってるヤツがあるよ★」って言い出したのね。
 
 
💢
 
 
その言葉がサークル中に響いたのか、誰もその場で食べなかったんだけどさ。
 
帰りにその女子を含めた数人で駅まで歩いたんだけど
その女子が「みんな、あの場で食べてくれなくて悲しくて涙出そう、すごい頑張って作ったのに」って言い出したのね。
 
むちゃくちゃビックリしたよ。
 
その女子は、多分、サークルのみんなのことを想って作った、なおかつユーモアも添えてみた、私、スゴイでしょ?くらいの感覚だと思うのですが、我々からするとロシアンルーレットなわけで。
 
お願い!
フツーの工業製品のブラウニーで良いです!
ユーモアも必要ないです!
承認欲求をココで満たそうとしないで!
 
と思いました。
もちろん、帰宅したら食べずに捨てましたよ。
 
次にその女子に会ったときには、ブラウニーの話題はしませんでした。
「どうだった~?」と聞かれましたが、「美味しかった、ありがと~」とだけ言いました。
 
私、超良いヤツ。私、頑張った。
もうそれでヨシとします。
 
そんなわけで。
邪念の手作り系は、捨てるに限ります。
 

 

捨てられる運命をイチミリも考えない、ロマンチック女子たちよ、おまえら、親切な人たちに囲まれていることに感謝したまえ。