今日も旦那の帰宅待ち

40女パラサイト既婚無職のたわごと日記

不定愁訴で悩んでいる方へ

えーっと、潜在意識というと意識にのぼらない
無自覚の、という意味ではなく、
潜在意識と言ったら良いでしょうか。
そう、あれですよ、あれ。
幼児期、胎児から2~3歳くらいまでの、
呼び起こす記憶は無いけど、記録としては
記憶している、という部分ですね。
 
つまり何を言いたいのかというと、
トラウマのことです。
 
 
私はね、聴覚が異常に発達していて、
これが神経過敏になって日常生活音でさえ
疲れてしまうのです。
調べてもらった結果、40年間+アルファ、
毎日疲れていたわけです。
どうやって調べたのかに興味のある方は、
「潜在意識 トラウマ カウンセリング」
でググってカウンセリングを受けて下さい。
謎が解明しますよ。
 
 
さて。
私の場合は、聴覚が半端なく良いので、
例えば、アパートの住人の足音を聞いただけで
「あ、○○号室の旦那さんが帰宅されたわ」
とか、
音楽を聞いている時も、ランダム順にしていると
曲が変わる度に、マスタリングっつーんですか?
あの、音量を調整して商品として完成させる技術。
あれが、曲ごとにバラバラなので、
※ランダム曲順で聞いている私が悪いのですが
イライラするんですよ。
テレビの歌番組とか、絶対観れません。
歌手、だいたい音痴だよね。
アイドルみたいに、口パクだったら観れますが。
歌手の人には、本当に申し訳ないんですが、
録音技術の手間隙をかけたCDで聴くのが
一番負担の無い聴き方です。
 
カフェでも気は抜けません。
悪口を言い合っている女性客がいたら、
どんなに席が離れていても分かってしまいます。
今までは、分かってしまった時点で、その
悪口が呪詛みたいに私に入ってきて、
吐き気、耳詰まり、めまいが襲ってきて、
ぶっ倒れてました。
 
他にも例を挙げれば切りがないのですが、
こんなところで、私が体調不良だった理由が
何となく分かって頂けましたでしょうか。
 
 
原因は、やはり実家にありました。
実家には、時報を知らせる鐘付きの大きな時計があり、
かんしゃく持ちで怒鳴る、わめく、切れるの
祖母がいます。
私が胎内にいた時からずーっと、この時計の
音と、祖母の声に反応していたみたいです。
私の親は、離婚しているので、母が働き、
祖母が母親代わりに私(と私の妹)の育児を
していました。
かんしゃく持ちの祖母に怯えながら育児された私、
本当に可哀想でしたね。
私、お疲れさまでした。
 
 
妊娠中の方は、本当に環境に注意して下さい。
誰もが大人になって私みたいに体調不良になって
引きこもりになるわけではありませんが、
このような気質を持って生まれてくる可能性も
ありますので。
脅しているわけではありませんが、まぁ、
少なくとも実家は嫌いになりますわな。
 
 
今は、カウンセリングを受けて、対処法を
身に付けたので、体調はすごく良いです。
 
不定愁訴で悩んでいる方で、本気で治したい
意思がある方は、潜在意識のトラウマの可能性も
視野に入れてみて下さい。
 
"本気で治したい意思のある方"と書いたのは、
体調不良で悩んでいる私、可哀想!てへっ
という悲劇のヒロイン真っ最中の方と
区別するためです。
 
病気や体調不良は、他人にも自分にも
自慢するものではありません。
病気や体調不良がお知らせ機能として
知らせてくれているのを無視していることに
なります。
自分の身体に失礼です。
 
 
不定愁訴がスッキリして、健康になった今、
こういう、健康な状態が続いていることが
今まで経験無いので、正直、戸惑いの毎日です。
 
朝起きて、「あ、普通に起きれてる」。
朝食食べて、「あ、普通に食べれている」。
家事を済ませて、「あ、普通に家事ができている」。
昼食の時間になり、「あ、普通にお腹が空いて
昼食を食べている」。
夕食の準備を始めるなり、「あ、普通に料理が出来る」。
夕ご飯を食べながら、「あ、普通に夕ご飯食べている」。
夜、眠くなって、「あ、普通に眠い」。
おやすみなさい。
 
 
頭痛も吐き気もめまいも耳詰まりもPMS
生理痛も、何も無い毎日。
 
 
(゜ロ゜;ノ)ノ
 
 
私などが健康でいて良いんでしょうか。
 
 
(゜ロ゜;ノ)ノ
 
 

 

健康って良いね。