読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も旦那の帰宅待ち

40女パラサイト既婚無職のたわごと日記

キャリア女子ための、出張手荷物楽勝法

私が会社員時代の話を書きたいと思います。
 
普段から、あんまりモノは持たない生活を
しています。
会社員時代も、そうでした。
総務部調べによりますと、私の机が社内で
一番激しく殺風景な机だった、と辞める時に
言われました。
 
そんな私は、当時、結構、出張が多く、
二泊三日みたいな感じで週の半分が過ぎることも
多々あり、当時の課題としては、いかに持ち物を
減らすか?ということを模索してました。
 
で、たどり着いた先は、「持っていかない」
でした。
 
まぁ、女子ですから、それなりにそれなりあると
思いますよね。
同期の女子と出張が重なった二泊三日は、
彼女はキャリーバック、対して、私は
会社の紙袋1つという有り様。
 
さて、どこがどう違うんでしょうか。
 
それは、「持っていかないための事前準備の
念の入りよう」が全然違います。
 
・パソコン
持っていかない。スマホにデータを移しておく。
プリントアウトを予め十二分にしておく。
万が一、必要になったら、、、諦める!
というのは冗談で、ネットカフェで十分。
今なら、クラウドを使えば十分ですね。
 
 
・スキンケア、メイク関連
普段使っているものを小分けにするのは当然。
小分けに出来ないメイク用品も、
ファンデーションはサンプル、プチプラのチーク、
普段使いのリップ、眉毛を描けばOK。
アイメイクは潔く諦める!(笑)
というのは冗談で、マスカラくらいは
やりましょうか。
 
・下着
二泊分用意する。ここは諦めない(笑)
 
・洋服
女子の場合、TPOに凄く左右されますが、
基準を言うと、二泊三日でも、同じスーツです。
インナーだけ、ハッキリと色を変えます。
白→黒→(1日目の)白、のような感じです。
スーツのジャケットを脱いだりして変化をつければ
下のスカートとかパンツが3日間同じでも
誰も気にしません!自分以外は!
※アパレル関係の方は、諦めないで下さい。
現地で接待があっても、ホテルでファブリーズを
貸してもらえるので、それで十分です。
 
 
・入浴剤
小分けになっている100円くらいのを
2種類持っていきましょう。
お風呂タイムは唯一のリラックス空間です。
 
 
・パジャマ
持っていかない。ホテルので十分です。
ホテルにあるものは持っていかない。
これ、鉄則です。
 
 
・移動中の読書
薄い文庫本を駅で買いましょう。
つまらなければ、ホテルに置いて帰る。
所蔵したければ、持って帰る。
ポイントは、家から大事な本は持っていかない、
ということです。
ちなみに、移動時間に睡眠が出来れば、
それに越したことはありません。
※私は移動中に眠る、という高等技は出来ません
でした。
 
 
・ホテル選びの注意
経費節減とはいえ、安いビジネスホテルは
疲労度が増すだけです。疲労は出張の大敵です。
指定がなければ、そこそこのシティーホテルの、
レディースプランを活用しましょう。
アメニティも充実してますし、シャンプーで
髪の毛がキシキシすることもありません。
 
 
 
こういうことをしていくと、紙袋1つになります。
飛行機でも、新幹線でも、手荷物扱いですから、
女性あるあるの、頭の上の手荷物置き場に
載せるのが一苦労とか、紛失が心配とかは
一切ありません。常に、自分の足元に置けます。
 
 
そして紙袋は、家に帰る頃には、角がよれよれに
なっていると思うので、捨てます。
これにて、おしまい!出張、お疲れさまでした!
となります。
 
なので、キャリーバッグも、旅行カバンも要りません。
そうすると、それらを収納するクローゼットや、
ベッド下が大分スッキリします。
部屋がスッキリしますね♥
 
 
この方法に求められるのは、「潔さ」です。
潔さに自信がある方は、試してみて下さい。
出張の手荷物疲れがだいぶマシになりますよ。
 
 
因みに。
彼氏とのお泊まり旅行では、この方法はオススメ
しません。
存分に、メイクやファッションを楽しんで下さい。