今日も旦那の帰宅待ち

40女パラサイト既婚無職のたわごと日記

あの~、旦那が会社に軟禁されているんですがぁ~

最近、旦那の自宅滞在時間が短さの新記録を
更新し続けています。
激務に突入したので、帰宅出来ないそうです。
食事と仮眠は会社で、シャワーと着替えのために
自宅に戻ってきます。
洗濯物は増えますが、当人(旦那)の居る影が
全くありません。


経験上、心配なのは、激務「後」です。

激務中は、アドレナリンが出まくっていて
激務ドリブンでどこまでも行ける気がします。
が、一旦、激務から解放された時が危ないのです。

事故、体調不良、ぎっくり腰、風邪など、
あらゆる攻撃が激務後に待ち受けています。
何故なんですかね?
仕組みはよく分からないんですが、
大体の働く大人の激務後は、非常にヤバイ
状態にあります。

月間の残業時間の平均が100時間を越えたら、
私は以下の対応をしていました。

①食欲不振で栄養が採れないので、
近くの病院で、点滴+仮眠=復活!

②パソコンのやりすぎで、身体がバリバリに
硬くなるので、整体+仮眠=復活!

③睡眠時間がまともに取れないので、
酸素カプセルの仮眠で復活!

④出張先の各地でも、敏腕整体師を確保して
復活!
※新幹線車内や飛行機内に、「整体室」という
マッサージ施設があったら、金に厭わずに
予約していたであろうに。。。



これで、激務でも耐えられる対策ですが、
これを10年くらい続けると、燃え尽きます。
あしからず。

さすがに、ニンニク注射はやらなかったなぁ。
あれは、ここぞ!という時用というのを
知り合いから聞きました。
毎日が、ここぞ!だったので、ニンニク注射は却下。


問題は、激務が終息に向かう時です。
終息ドリブンで、キャバクラに行ったり、
寝過ぎたり、運動し過ぎたり、食べ過ぎたり、
飲み過ぎたり、休みすぎたりしてはいけません。

ドリブンのアクセル踏みっぱなし状態から、
いきなり急ブレーキを踏む、という異常事態
になるからです。

私は、この急ブレーキの踏むタイミングを
間違えて、駅でぶっ倒れて事務室でお世話になったり
血尿が出て精密検査になったことがありました。

差し当たり、原因は無く、これらは、
激務のアクセルから、急ブレーキを
踏んだことによる反動だと気付きました。

急激に上がった血圧が、急激に下がると
危険なように、いくらゴールが近くて、
終息ドリブンの気分でも、身体の負担は
大きいのです。

なので、激務後は、段階を追って、終息ドリブンに
切り替えていくと、平常運転に戻れます。

3時間しか寝てなかった人が、次の日から
10時間も寝てたら、そりゃ、ダルイです。
3時間→5時間×1週間→7時間×1週間
みたいな感じで、徐々に身体を慣らします。
寝れるだけ寝たい?20代前半なら、それでどうぞ。


ほぼ毎日行っていた整体も、いきなり終わりが
見えるに伴って、気力が沸いて、行かなくなる
パターンは危険です。
ある程度の年齢になると、気力と体力は
別です。
体力、落ちてますよ。
整体で、せっかくコリや血流の流れを保っていたのに
一気に行かなくなると、身体はまだまだ疲れて
いますから、身体の芯から一気に疲れてきます。
なので、ここでも大事なのは、
3日に1回→5日に1回×2週間→1週間に1回×2週間
→2週間に1回×2週間→3週間に1回×2週間
というように、3ヶ月近くかけて、
ゆっくり身体の調整をして下さい。


溜まった代休も、連続で取らず、毎週金曜日に休む、
毎週水曜日に休む、などして、2~3ヶ月してから
1週間とかのまとまった休みにした方が良いです。
でないと、激務後の休みは、寝て食うだけで
一週間が終わります。


こうすると、10年くらいは、激務をこなすことが
出来ます。
10年以上は、経験上知りません。
私が燃え尽きたので。


そんなわけで、ただいま激務中の旦那には
終息ドリブンが見えてきて、在宅時間が取れてきたら
手料理を振る舞い、存分にマッサージを
してあげたいと思います。
※今はダラダラ主婦で~す