読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も旦那の帰宅待ち

40女パラサイト既婚無職のたわごと日記

六本木のバー的評価考査

六本木のバーに夜な夜な一人で呑みに行っている
知り合い(女)から聞いた話。

六本木のバーでは、女性の選定はバストの
カップで行うと言う。
※ホントかよ?

それを私は会社の評価考査にしたらどうかな?と
ふと思ったのである。

私の会社員時代は、過去の栄光として発表しよう。
Aか、A+しか頂いたことはない。
凄いでしょ?

でも、もう、A評価なんて要らないから、
休みを下さい、という調子。
とはいえ、どこをどうやると、A以外の評価に
なるのか、どこをどう工夫すると休みになるのかが
全然分からなかったから、燃え尽きたわけだけどね。


そんなわけで、知り合いの話を聞いて、
新しい評価考査を私が勝手に決めてみました。

評価 F→ファンタスティック!
評価 E→エクセレント!
評価 C→キュート!
評価 B→ビューティフル!


そして、評価 Aは、、、

アクシデント!

評価 A+は、、、

ダブルアクシデント!



なるほど。
私は、アクシデント&ダブルアクシデントの
オンパレードだった、ということですね。

燃え尽きた理由が、よぉく分かりました。




これ、ホントに六本木で流行ってたの?
バブルの頃の話じゃなくて?

ナンセンスね。