読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も旦那の帰宅待ち

40女パラサイト既婚無職のたわごと日記

「いろいろあった」

先日、都会に出た時に、会社員時代の元同僚(男)と
出くわした。

その同僚男は、仕事熱心かつスマートな
切り口で物事を進めていくタイプの人間で、
一時期私とも一緒にプロジェクトに参加した程度の
付き合いだった。

その前の月だったか、その同僚男と私の共通の
知り合いの同僚(男)を私は街中で見かけていて、
酷く疲れている様子だったので、声は掛けずに
スルーしてしまったのだけれど、そのことを
その同僚男に話したら、
「彼、いろいろあって辞めたんですよ」
って、サラッと言ったのね。

で、私、なんか、やっぱこの人、凄いなぁ~って
思ったのね。

彼が言った、『いろいろあって』には、
①ここは街中だから、立ち話は程々にしたい
②他人の噂話はあまりしたくない
③特に内容は話したくない

という、3つの要素がきちんと伝わってきて、
私は「そうなんだね」だけで、それについての
会話をスッキリ終わらすことが出来たんだよね。

すごい、感激!


だって、これが仮に愚痴ばっかりの女だとしたら、
「実はさぁ、あの人さぁ、どーたらこーたら
どーたらこーたらどーたらこーたら」って言ってきて、
私は、「はぁ。そう。」って要らない情報を
押し付けられたなって、ソイツを疫病神
みたいに思うし、ひいては出会わなければ良かった、
とか思ってウンザリしてたと思うのね。

だから、なんか猛烈に感激したのですよ。
その元同僚男の相変わらずのスマートさに。

あぁ。こういうコミュニケーションだったら
喜んでするのになぁ~って思った。

言葉足らず、とかじゃなくてね。
過不足なく、って感じ。

こういうのを、コミュニケーション能力が高い
って言うのかしら?

「いろいろって何?」
って野暮に突っ込まなかった私も、
今思えば良い対応をしたわ。うん。褒める!


100あるコミュニケーション回数の中で
5~10くらいかなぁ、心地の良い
コミュニケーションって。私の場合はね。
心地の良いコミュニケーションの数をもっと
増やしたいなぁ(願)



読んで頂いてありがとうございます。
また気が向いたらブログ書きます。