今日も旦那の帰宅待ち

40女パラサイト既婚無職のたわごと日記

親の価値観を受け継ぐ「負の連鎖」に気づいた時

心理学系や、自己啓発系の本を読むと
必ず出てくるキーワード。
それは、「親」。
正確に言うと、「親の価値観」や
「親の信じているルール」。
これがかなり厄介。

先日、超久々に風邪を引いたんですね。
で、旦那に「風邪引いちゃった、ゴメンね」
って言ったんです。
そしたら、旦那、何て言ったと思います?
「何で謝るの?家事は俺がやるから、
ゆっくり寝てな」
って言ったんです。

( ;∀;)

私、怒られると思ってたんです。今まで。
風邪を引くのは、健康管理が出来てない証拠
であって、罪であって、あってはならないことだ
って親にずっと言われて育ったので、私や妹が
風邪を引こうもんなら、親たちは鬼の顔して
怒ったんです。

だから、風邪などの体調不良になるのは、
悪いこと。
怒られること、なんですね。私には。

旦那に聞いてみました。
私「風邪引いたら、親から怒られなかった?」
旦那「えー!風邪で怒られたことないよ」
って言いました。

あ、そうか。私は「風邪を引くと怒る」という
ルールの家庭だったんだな、と思いました。


旦那と一緒に実家に帰省する時、何か体調悪くて、
駅のホームでぶっ倒れたことがあったんですけど、
帰省出来ない旨の電話を実家に入れたんですけど、
「ちょっとめまいがひどくて帰省出来ない」
って言ったら、
「あんた、ちゃんと食べないから大事な時に
ダメになっちゃうんじゃないの!ほらみろ!
いつも言っているじゃないか!」
って怒られたんですね。心配の欠片も
感じられなくて、すごい絶望になって、
あぁ、こんな親、私には必要ないわって
布団の中でめまいでグルグル回っている中、
思っていたことを思い出しました。

親としっくりこないなぁ~って思っていた
けど、何かこういうことかな、って思いました。

親のルールや、親の価値観の中で育ったけど、
私には違うルールや価値観がある。

これ。
これに気づいたのよ。

あ〰!風邪引いて良かった〰!(笑)

何にもない毎日だけど、何かを知らせてくれる
みたい。
私にはその知らせを受け取って解釈できる
余裕が今はあるんだ、と思うと、無職で暇で
ラッキーっと思っちゃう。
ホント、ありがたいね。ありがとう。



読んで頂いてありがとうございます。
また気が向いたらブログ書きます。