今日も旦那の帰宅待ち

40女パラサイト既婚無職のたわごと日記

出産報告テロ

先日、旦那宛に来た郵便物の中で、
赤ちゃん産まれました〰♥のハガキが
来ていました。
赤ちゃんの顔がど〰んとアップの構成で
出産ハイ全開の代物でした。


我が家の郵便仕分け係は私の役目なので、
旦那に来ようが私に来ようが、
私が一応、目を通す訳で。
封書でも無い限りは、見てしまうわけで。

で、まぁ、一番最初に思ったのは、
「出産祝いの手配(=出費)が必要なのかどうか?」
ということです。

私は子供は要らないし、当然不妊治療も
してないですけど、こういう超個人的問題を
普段、年賀状のやり取りレベルの人間ごときに
年賀状の季節でもないのにわざわざ送ってくるのは、
受け手に寄っては、このご時世、
相当嫌みと感じられる方も多いわけで。
ハラスメントは受け取り手の感じ方次第ですので。
まぁ、差出人との関係性にも寄りますが。


というわけで、ここからは察するのを一旦止めます。

この件に関しては、この事実のみ。

「旦那の知り合いから、出産報告ハガキ
が来た」

これ以上でもこれ以下でもありません。

出産祝いの催促か?
子供を望まない私への間接的な当て付けか?
または、不妊治療中でツライ思いをしている
夫婦への配慮は考えてないのか?
などという紙切れ1枚から派生するイライラは、
出産報告テロという、出産ハイの夫婦が
許された既得権益を前に無力なだけだと
思います。


この出産報告テロには、義理人情報復は
必要ありません。
差出人は、"報告ハガキを出すこと"、
その行為自体に満足しているのです。
差出人は、お知らせハガキを出した。
受取人は、お知らせハガキを受け取った。
それ以上でもそれ以下でもありません。


私が気を揉む必要がどこにありますでしょうか?
どこにもありませんね。


出産を控えている皆様、
同様に、結婚を控えている皆様、
人間の尊厳と尊重のために、
そして地球平和のためにも、
くれぐれも普段の関係性を無視した
爆破テロはお控え下さい。

世の中には、色んな受け取り方があるよ、
ということで。



読んで頂いてありがとうございます。
また気が向いたらブログ書きます。
広告を非表示にする