今日も旦那の帰宅待ち

40女パラサイト既婚無職のたわごと日記

田端行きますか?田端行きますか?田端行きますか?

新宿駅を発車する山手線外回りに駆け込み乗車した
おばさんは、ドア付近の直径1メートルくらいの
人たち一人一人に向かって、手当たり次第、
「田端行きますか?」
「田端行きますか?」
「田端行きますか?」
と聞いていた。

4月も麗らかな午後の山手線。
学生か、外回りの営業マンくらいしか
乗ってないんじゃないか?と思われる、
その時間帯に、駆け込み乗車までして
行きたかった場所、それは田端。

知ってます?
田端。
たばた。

私は、当時、運良く座れてしまったので、
そのドア付近で田端、田端と奇声を上げる
おばさんは、頭系の病気か何かかと思ったくらい
なんだけど、3分おきにくる山手線に
駆け込み乗車するくらい急いでいて、
なおかつ、田端に行く電車かどうかも
確認せずに乗り込んできて、周りの人を
質問攻めにする、という行為は、奇行にしか
思えなかったのよね。



マダム、どうか、ご安心下さい。
少々お時間かかりますが、田端には行きますよ。



などと言う人はゼロで、そのおばさんの奇声に
絶句している人がほとんど、という現実。
おばさん、必死に質問しまくって、若者の
イヤホンまで外させて、田端行きますか?
って聞いていたから、多分、誰かが
「行きますよ」って言っても、気が付かないで
次の人を質問攻めにしてそうだったし。

私の座っている位置からはよく見えなくて、
「田端行きますか?」の切羽詰まった
かん高い声の連呼だけが車内中に
響いてたんだけどね。
車内は一時、重苦しい空気に包まれたんだよ。


さて。
3分おきにくる山手線に駆け込み乗車までして
田端に行くかどうかも分からずに乗ってしまう
おばさんの状況とはどういうものだろう?



仮説①
超高齢の親が倒れて救急車で病院に運ばれて
危篤状態


仮説②
熟年離婚を目論んでいた旦那が意外と早く
倒れてくれて救急車で病院に運ばれて危篤状態



仮説③
共働きの娘夫婦の子供(彼女にとっては
可愛い孫)が怪我をして、仕事を抜けられない
ママのために代わりに学校に駆け付ける状態



仮説④
おばさんグループのランチ会でついつい
喋り過ぎて、帰宅時間を過ぎてしまい、
同居している可愛い孫が帰ってくる
おやつの時間に間に合わない状態



仮説⑤
特に急ぐ理由は何もないが、発車ベルが
鳴ったので条件反射で近くの電車に
駆け込み乗車したものの、
田端に行く電車かどうか分からなくなって
やみくもに質問している状態




どうか仮説⑤ではあらんことを心から御祈り
致します。
じーざす。




読んで頂いてありがとうございます。
また気が向いたらブログ書きます。