読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も旦那の帰宅待ち

40女パラサイト既婚無職のたわごと日記

Think different,Think same

どうも。
男オンチ、女オンチ、ひいては人間オンチの
40歳無職女です。

これ、良いなぁ、とか、
これ、カッコいいなぁ、とか、
これ、素敵だなぁ、とか、
手に取ったもの、もしくは買ったものが、
ことごとく、
「それ、どこで買ったの?
(=そんなもの、買うなんて頭おかしい)」
と言われてきた40年ですが。

どうやら、そんなことでもなく、
私の認知が歪んでいただけの問題であって
「それ、どこで買ったの?
(=それ、あなたに似合っているね!)」
との意味だった、ということに最近気づきました。

別に個性を意識している訳ではないんですよ。
私は。
みんなと同じで良いのです。

良いのですが、私が惹かれるものが、
たまたまみんなの目から見ると個性的に
映るだけである、という件なだけであって
それはそれで良いのであるのです。(?)

だから、人と違うことも、人と同じことも
全然良くって、違いが分かる人が偉かったり
するわけでもなく、同じものを身に付ける人が
友達である証明であっても良いわけです。


ブログのタイトルは、例の有名なキャッチコピーに、
私がちょい足ししただけなんですけどね。
アメリカだって、就職活動する時は、どぶねずみ色の
スーツを纏うわけで。
私は御社にとって異質ではありませんよ、
と言う場面だって必要なわけなんです。
日本と同じですよ。


Think differentには、まぁ、Thinkに対する
差違をもじったことからスタートしている
わけなんですが、今やもう、"考えること"
自体が"差違を認識すること"ですからね。


例えば、「幸せ」を考えた時に、
人と違う幸せが自分の幸せなのか、
はたまた、人と同じ幸せが自分の幸せなのか、
まぁ、どっちだっていいじゃない、自分の
幸せの定義ぐらい、自分で決めさせてよ、という
ことなのです。
「幸せ」の差違を責めてもいないし、
「幸せ」の競争をしているわけではない。
ましてや、「幸せ」の奪い合いをするわけでは
ないのだし。


私、今、無職で幸せ〰!!!


これでOK。


違いも考えないし、みんなと同じにも考えない。
私は、私をどうしたら幸せに出来るか考えるだけ。
もう頼れるものは自分だけ。
そんなね、潔い考え方が出来るといいなぁ~と
思っているのね。


ニュース番組を口開けて見てる場合じゃ
ないわよ。
こんな時だからこそ、しっかり自分の
「幸せ」を考える時間を持たないとね。




読んで頂いてありがとうございます。
また気が向いたらブログ書きます。