読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も旦那の帰宅待ち

40女パラサイト既婚無職のたわごと日記

子供がお稽古ごとを自らやりたいと言い出したら、危険信号だからね

子供がいるご近所の知り合いから、
「幼稚園に上がったら、バレエを
やりたいって、この子が言い出してね!
私、なんにも言ってないのに!
そんな自主性が我が子にあるなんて
ビックリだわ〰!」
とドヤ顔で言ってきたので、
私もつられてビックリしてしまった。

未就学児程度の子供が!
自らの意思で!
バレエやりたい!
と言った、と本気で!
思ってるんだ!
なんとお目出度いことだろう!
とビックリしたのだ。


あぁ。
子供とは、本当に親の顔色を伺うのね。
健気だわ。
子供の自主性とかなんとか言ってるけど、
子供は親の顔色を巧みに読み取ってくるからね。
自主性じゃないよ。
あんたの顔に、「バレエやらせたら、
私の株が上がる」って書いてあるのを
子供が敏感に察知しただけだからね。
子供の"親の期待に応えたい真っ直ぐな欲求"
を舐めんなよ。


そんな親に限ってね、
「今日は練習休みたい〰」とか言う子供に、
「あんたが行きたいって言ったから
通わせてあげてるのに、なんで休みたい
とか言うの?」とか言い出すのよ、そのうち。
子供が自分の意思でやりたいと言い出したことは、
最後までやり遂げさせるのが親の使命!
みたいな正論でね。

そりゃそうだけどさ。
誰でも休みたい時だってあるじゃん?
気が向かない時だってあるじゃん?
大人もさ。
仮病で会社休みたい時だってあるじゃん?
今日、夕飯作る気ないから、出前ピザでいい?
みたいなさ。



私もさ。
代々親たちが昔ながらの立派な職業に
就いているせいでさ。
ピアノとそろばんと習字、通ったよ。
「通いたい」と言いましたよ。
だって通わせたいって顔に書いてあったから。
夏休みのラジオ体操にも行ったよ。
夏休みなんだから、昼までダラダラ寝てたいよ。
でもね、行ったんだよ。
顔に書いてあったから。
あんたは近所の私の立場を危うくするのか?
ってね。

そんな話をしてたらね。
旦那が不意に話し出したのね。
「俺も、部屋で一人で読書してるのが
好きだったけど、親父がボーイスカウト
やらせたそうだったから、俺からやりたいって
言った」ってね。
あ〰あ〰あ〰。
同類発見。


これ系の話は、社会学者の上野千鶴子さんも
何度も本で書いてるから、興味ある人は
読んだらいいと思うけど、
(※誤読だったらすみません)
ホント、親になると、自分が子供の頃に
味わった、嫌という程の不快な出来事を
あれこれ忘れてしまうみたいね。
全く、種の連鎖は器用に出来てるわ。


私?
私は、忘れらんねぇよ。
子供時代の憎悪が満ち溢れているから。
だから、子供、要らないのかもね。
そういう憎悪の連鎖は、私で終わりにしたいし。
じゃ、そういうことなんで。
子供の自主性を重んじるのも程々にね。



読んで頂いてありがとうございます。
また気が向いたらブログ書きます。