読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も旦那の帰宅待ち

40女パラサイト既婚無職のたわごと日記

私を利用しているとしか思えない無邪気さ

先日、知り合い(男)に会った。
私より年下の知り合いだ。
無邪気なのか、頭が良いのか分からないが
コイツにはいつも嫌気がさす。

ので、今後はもう会わないことに
勝手に決定した。
許せ、私の健康のためだ。


話している最中も終始イライラして
しまった。
私の方が大人なのに、良い年して、
大人げない私である。


イライラしたことがいくつもある。

彼「もうすぐ来年ですね!
御社(私の元勤務先)のカレンダーが
欲しいんですけど!」
私「私、もう辞めてるけど、、、」
彼「あ、そうでしたね。でも何とか入手
できませんか?」
私「、、、」

若者よ、私は今、何にも属していない。
っつーか、カレンダーなんて一回も作った
ことないぞ。



彼「以前、◎◎(私)さんにもらったアレ、
友達が欲しいって言ってきたので、
あげちゃったんです、1,000円で!」
私「、、、」

お前が散々欲しいと言ってきたヤツ
だろう?
私はそれを入手するために、
頭下げたのに!


彼「◎◎(私)さんって、❌❌系の会社
じゃないですか~。❌❌系の同業他社とか
の知り合いとか、紹介して下さいよ~」
私「だから、私、会社辞めたって」
彼「誰でも良いんです、なんとかなりま
せんか?」
私「、、、」


お前は保険のセールスか?


彼「△△社に体育館が利用できる施設が
あるらしいって聞いたんですけど、△△社
に知り合いいますか?」
私「いないけど、なんで?」
彼「僕の知り合いがフットサルやれる場所
探してるんで、教えてあげたいんです!」
私「、、、」


慈善事業かよ?



分からない。
分からない。
分からない。
男子、分からない。

以前からこの彼とは知り合いだが、
ここにきて、急に彼が分からなくなって
きている。
元々分からなかったけど、私がその
「分からなさ」から身を引いていただけ
かもしれない。
私は気付いてしまったようだ。
イライラする。


また縁を切らねばならない人が出現して
しまったようだ。



読んで頂いてありがとうございました。
また気が向いたらブログ書きます。