今日も旦那の帰宅待ち

40女パラサイト既婚無職のたわごと日記

ウエディング・ハイ女から産業廃棄物をもらうの件

先日、私の知り合いが結婚し、
結婚パーティがあった。
※私は当然欠席。


後日、贈られてきたもの。


二人の名前入りのマグカップ(和風)。
※スーパーダサイので、写真を添付
してお披露目したいところだが、ここは
匿名ブログなので、差し控えることに
する。お見せできないのが残念だ。



はぁ。
いったい、どういうテンションで
使えということだろう。
私は、彼らには、何をどう選んでも良い
ように、デパートのカタログギフトを
贈ったのに。
そのお返しがコレ。

えぇぇぇえ!!!
いらねぇぇぇええ!!!


こういう、趣味の合わない物理的な
幸せのお裾分けはいらない。
物理的にもいらないし、精神的にも
いらない。
なんてったって、スーパーダサイからだ。
そのスーパーダサイマグカップを使って、
何を飲むのだろうか。
飲み物を飲むときくらい、リラックス
させてくれ。


そんなわけで、早速捨てることにした。
捨てるのは大得意だ。
まず、「もったいない」や、
「何かに使えるかもしれない」などの
野暮な発想はしない。
考えると余計に空しくなる。
全然もったいなくないレベルだし、
全然何かに使えないレベルだからだ。
そんな下らないモノをもらったのだ。
捨てるか捨てまいかで悩むくらいなら、
夕飯の献立で悩みたい。
主婦の願いだ。


また、本能でスーパーダサイと感じたもの
を家に置いておく空間の余裕はない
からだ。
収納術の話ではない。それ以前の話だ。
なにも、新婚の新居にあるものを勝手に
捨てるわけではない。
勝手にくれたものを勝手に捨てるだけだ。
勝手だろ?
かつて出席した、知り合いの結婚披露宴の
引き出物も、物理的なものは全部捨てた。
なので、変な形のでっかいお皿とか、
名前入りのワイングラスとか、全部
捨てた。
やたら重いと思ったら、こんな要らない
ものをわざわざ運んでいたんだ、
と思って、爆笑しながら捨てた。
だから、「もらった引き出物が捨てられ
ない」という悩みが一切ない。

贈った方は、一時的に一方的に贈った
だけであって、永久的に永続的に使用
されることや、会うたびにフォロー
してもらうことは一切望んでいない。
「一時的に一方的に贈っただけ」だ。
なので、こちらも、一時的に一方的に
捨てようではないか。
変な引き出物もらったあるある話で、
女子会の笑い話のネタにされるより、
はるかに健全だと思うのですが、
いかがでしょうか。


そんなわけで、産業廃棄物をもらった
40女は、その産業廃棄物を作った背景と成り立ちを、結婚パーティに参加して
ない分、事細かく、後日、その、
ウエディング・ハイ女からの小一時間の
電話対応に迫られることになった。

はて、こんな子だったっけ?

ウエディング・ハイっつーのは、
つくづく怖いものだな。
なんてったって、どうみても廃棄物にしか
見えないものも、平気であげちゃうような
人格になるからね。

くわばらくわばら。



読んで頂いてありがとうございました。
また気が向いたらブログ書きます。