今日も旦那の帰宅待ち

40女パラサイト既婚無職のたわごと日記

妄想系「もしも私が働くとしたら」

もしも私が働くとしたら。
という妄想を最近楽しんでいる。
もしも宝くじが当たったら。
という妄想のような類いと一緒だ。
現実的ではないが、妄想するのは自由だ。
許してくれ。


まずは、職場。
都会の高層ビルの低層階が良いなぁ。
田舎よりは、都会。
コンビニいっぱいあるし。
古びた自社ビルよりは、築浅の高層ビル。
トイレが綺麗に越したことはない。
高層ビルでも、低層階希望。
エレベーターの気圧の変化で酔っても
仕方がないし、仕事をするにも、帰宅して
電車に乗るにも、気圧酔いは良いことを
生まない。

内容は、就労時間8時間のうち、
4時間は立ち仕事で、4時間は座り仕事。
ず~っと立ちっぱなし、
ず~っと座りっぱなしは健康に悪い。
何の責任もない、記録係や議事録係や
お茶汲みでよい。
色々、複雑骨折した私には、仕事とは、
自分の意思を提案出来るかどうかではなく
補佐で淡々と残業なく続けられるかの方が
重要なポイントだ。
能力なんて評価されない。
運が良くて、上司が超理解がある人
だったら、能力は理解されるでしょう。
まぁ、稀ですね。
能力はなくても良いけど、
プライドは捨てないでね。
ただし、高いプライドは要らないよ。
プライド持っている程度に留めましょう。



部署の雰囲気としては、モーレツ社員や、
社畜発想の同僚が少なく、定時で帰り、
有給を消化し、飲み会がない部署がいい。
上司が飲めないと部署の飲み会は少ない。
上司が酒好きだと、繁忙期だろうが閑散期
だろうが、とにかく飲み会ばかりしたがる
傾向が強い。
迷惑だ。
飲み会の雰囲気よりも、部署の雰囲気や
業務の質と量を重視すべきである。
よって、上司は仕事は出来るが、
飲めないから飲み会はしない、
業務時間内に業務を遂行する、
家事・育児を分担しているから、
残業はしない、という上司が望ましい。
これからの30代、40代の働き方、特に
管理職は、これに限る。
そもそも君らが年下世代に同調圧力
かけているのだ。
50代、60代の管理職は、もう老害だから
君たちが働き方をマイナーチェンジして
いかないと、会社にも家庭にも地域にも
居場所がない。
老害世代は、多様性を受け入れる脳の
キャパが既にない人が多いから、
現状維持に意地になっている。
意地を説くのは苦労するだろう。
老害世代から受けてきた理不尽な仕打ちは
倍返しで年下世代にしてやりたくなる
だろう。
だが、それは老害の連鎖だ。
虐待を受けて育った子供が、自分の子供に
虐待をしてしまう心理状態と似ている。
「私は虐待を受けて育ったのに、我が子に
虐待している!虐待の連鎖だ!」と
認識して始めて、虐待の意識化をする
ように、老害の連鎖は気付いた時点で
止めなければならない。
気付いてしまっちゃった人は、一日も早く
老害連鎖を解くように行動した方がいい。
会社とは、給料に見合った分の仕事を
する場所であり、そういう契約である。
以外の欲望を持ってはならない。
持ってもいいが、大体が不毛に陥る。
愛社精神も捨てた方が良い。
会社を愛してどうなる?
会社を愛すると、年収が100万円ずつ
増えるシステムなのだろうか。
であれば、会社を愛そう。
金を持ってくる父は家族にも喜ばれる。

それとも会社を愛すると、倒産やリストラ
には合わずに、定年まで、嘱託になって
まで働けると思うのだろうか?


または、あなたが愛すると何か会社に
ラッキーなことが起こるのでしょうか。
この不安定な世の中に?
絶対の安定を求めろと?
そのために愛社精神を持つのが大事だと?

その愛とやら、やっかいですな。
その愛は、倒産すれば両想いから、
永遠の片想いに変わる。
その愛は、リストラされれば両想いから、
永遠の憎悪に変わる。

愛は変わるのだ。
みんな、知ってるでしょ。
愛は、愛から冷めたときにどう付き合うか
が愛の始まりですよね。
継続は力なりって言うけど、
我慢を美徳とする国民病だけど、
そうやって自分の嘘を認めないまま、
10年、20年単位で仕事すると、
自分の嘘で自分の体を蝕むことになるよ。
時には、私のように心身が複雑骨折して、
万年体調不良の、就労不能野郎になるよ。
気を付けなはれや。
個人的には、入社3年くらいで辞めるヤツ
ほど、危機管理がしっかりしていると思う
けど。自分の適合を見る上では、3年は
絶妙なタイミングだと思うよ。


女子で言うと、3児のママで、
キャリア管理職で、家事も育児もして、
資格勉強と自分磨きにも意欲を燃やす
スーパーウーマンっていう天然記念物
いるでしょ。
そのスーパーウーマン、女性向けビジネス
雑誌に載っている人が、そのほぼ全員を
網羅しています。
なので、極端ですが、その雑誌に載って
いる人以外は、ごくごく普通の女性です。
高学歴で大企業に就職して、一見、
何でもそつなくこなせるエリート女子は、
育児の困難さに苦悩して、退職します。
復帰しても、この仕事をやる時間と
子供に目をかけられる時間との葛藤で、
辞めていきます。
私が会社員だった頃の、自他共に認める
超優秀な先輩方がこのパターンでした。



イクメンで、出世もして、激務もこなして
趣味も満喫して、リア充で、って言う、
これって言う人、なかなか出てこないね。
出てこれないんだろうね。
イクメンの時点で、会社からは一線引いて
いるし、いくら仕事が出来ても、出世に
恵まれて、睡眠時間2時間で激務を
こなしていても、エリート社員として
出てこれない。
エリート社員として出てきても、家庭の
ことは、まぁ、やってます程度に留める。
主張しないのね。
家事・育児を口外しないことは、
会社員にとっては、株主総会対策なの?
30代、40代の新しい働き方を老害
潰す構造だから、仕方がないか。

男も女も、ほんと、行き場がないな。
経営者も労働者も、行き場がないな。

働かないっていうのも、罪だけど、
身を削って働くっていうのも、罪だな。


妄想系「もしも私が働くとしたら」は、
考えるとツラかったです。
すみません。結論は出ないという結論
です。
次回は、もっと明るい妄想をテーマに
したいです。


余談ですが、会社を辞めると、無職ですが
おまけが付いてきます。
①不眠の改善 
②生理困難の改善
③ストレスがなくなるため、優しくなる。
④自分を棚卸しする時間が取れる
⑤喜怒哀楽が分かるようになる。
⑥世の中の仕組みを勉強する機会に
恵まれる
⑦お家、大好き!が加速する。
⑧身辺整理をしたくなる。
⑨家事を丁寧にするようになる。
⑩愛という機能が発達する。
(⑪今までの不妊治療が嘘のように
上手くいって、妊娠した友人多数)


仮に、会社を続けていたら、有職ですが、
どうだったでしょう。
①全般的な体調不良の極端な悪化
脳ドックを受けても異常なしの頭痛
胃カメラを飲んでも異常なしの吐き気
④耳鼻科で検査しても異常なしのめまい
⑤生理困難のため起き上がれず出社不可
⑥月1で39℃の高熱を伴う風邪を引く
⑦アレルギー症状の悪化で、花粉症が死の
病に思えてくる。
⑧飲み会の次の日は必ず食あたり(私のみ)
⑨底無し沼の絶望感、虚無感。
⑩寝たきりになる。



「もしも私が働くとしたら」
それはどうやら絶望でしかなさそうです。



読んで頂いてありがとうございました。
また気が向いたらブログ書きます。