読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も旦那の帰宅待ち

40女パラサイト既婚無職のたわごと日記

選択的無職のススメ

私の青春時代は、1台しかないテレビを
祖母が独占契約していたので、
野球番組と相撲中継と甲子園と旅番組しか
見せてくれませんでした。
※録画機種も当然ありません。
私たち姉妹に、家庭内で公式に放映を
許可されたのは、アンパンマンと、
まぁ、アニメでした。
頭が悪い子だったので、勉強ばかりして
いたので、小学校の時に友達のテレビネタ
についていけず、苛められたことは当然
ありましたが、テレビよりもテスト
という、クソガキでした。
一人暮らしを始めた大学生時代も、
テレビよりもバイトという、カネ目当て
でした。
会社員になってからも、当然、テレビより
も仕事、テレビよりも睡眠でした。


そして迎えた、40女パラサイト既婚無職
は、今、テレビに夢中です。
テレビと初めて向き合ったとまで思って
います。



旦那は、20年間、伊集院光さんのラジオ
に人生を支えられていると言っていました
が、私はそういう意味では人生を支え
られていると思われる類いはありません
が、今はマツコ・デラックスさんと
有吉さんに支えられていると言っても過言
ではありません。
今、この方たちと、私は抑圧されてきた、
喜怒哀楽の練習をしています。
なんか自己処理しててすみません。

大変お恥ずかしい話ですが、マツコさんを
見て、大声の出し方を習得し、有吉さんを
見て、失笑の仕方を習得しています。
これらを習得するまでは、なんの面白みも
ない、愚直な女でした。
俳優で語るなら、背中で演技する役者から
喋りだまくらかす役者のように、役柄を
変えた感じでしょうか。
まぁ、俳優で語るなよ、という感じで
しょうか。


俳優の話が出たので、ついでに書くならば
感情移入の練習として、ドラマの視聴を
習慣付けました。
ドラマなんて嘘っぱち、と侮るあなたは
根本的なことを見落としています。
昔のドラマはどうだったか知りませんが、
今のドラマの根本は、親近感と共感です。
または英雄ものと筋が決まっています。
ましてや、今期10月クールは、40女が
涙流して共感するドラマが数多く
あります。
私もね、それはどうかな?という設定も
ありますが、基本的には親近感と共感です
ので、言わば、40女のあるあるですよ。


抑圧されてきた喜怒哀楽を取り戻すには、
人間と向き合うか、犬猫を飼うのがいい
らしいですが、人間と向き合うにも、
手間隙考えると、テレビに向き合った方が
色々ラクなのです。
そうなのです。
私はラクして、喜怒哀楽を習得しようと
しているのです。
習得しよう!としてしている、というのは
建前で、単にテレビが大好きだという事実
を今まで知らなかっただけですけどね。



私ね、笑い声を出して笑ったことが
なかったんです。
子供って、必ず笑うときに笑い声をたてる
じゃないですか。
私も一時期は笑い声を出していたそうですが、実家が居心地悪いと感じてから、一切
笑い声をたてて笑ったことがないんです。
妹に言われましたもん。
「ねーさまが笑ってる」って!!!
ちびまる子ちゃんのキャラクターで言うと
野口さんみたいな感じ?が、今や、主人公
のまる子のように笑っているから、
人生、何があるか分かりませんよね。
今やこのアパートを振動させるかくらいの
勢いで笑い声を出すし、アイスクリーム
買ってとおねだりもするし、重いものは
持ってと甘えられる。



私も、やればできるもんですね。
だい~ぶ、生きやすくなってきたと
思います。


はぁぁ、無職になってよかった~!
普通の人は、要領よくこなせるから、
働きながらでも十分に自分に向き合えたり
するもんかと思いますが、私は不器用
すぎて要領が悪すぎて、同時進行を
私の身体が許さなかったからなぁ。

何もかも辞める。
休む。
何もしない。
考える。
知る。
やってみる。
だめだったら、また「何もかも辞める」
から始めればいいからね。

事業計画もないし、社訓もないし、
パワハラもないし、かなり良い。



読んで頂いてありがとうございました。
また気が向いたらブログ書きます。