読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も旦那の帰宅待ち

40女パラサイト既婚無職のたわごと日記

ふざけるなでございますよ。

毎日、本ばかり読んでいて飽きたので、
ブログでも書く。
身の回りで起きたことです。



先日、かつて会社員だった時の同僚から、
私の携帯メールアドレス宛に、
友達リクエストの申請メールが届いた。
仕方がないので、この同僚宛に、
申請を頂いたお礼と、Facebookは辞めていて
今後もやる気はないから、メールは
放置する謝罪の旨を伝えたら、同僚から
「そんなメールは送っていない、怖いね」
と返信がきた。
それはこちらの台詞ですよ。
ふざけるなでございますよ。



また先日、母親からメールがきた。
件名は「おめでとう!」

はて?
誕生日もかなり過ぎたし、祝われるような
ことはしていないから、とうとうボケが
始まったのか、送る相手を間違えたのか、
大変謎だったが、メール本文を見て愕然と
した。
その日は、実家のために挙げた私の結婚
披露宴の挙式日で、「ママは寂しいけど、
●●(私)の幸せを願っている」とのこと。


事情を軽く申し上げますと、
私はずいぶん晩婚だったから、
私が結婚するかいつも遠回りに脅迫され
たし、いざ結婚が決まり、私が
「結婚式披露宴はしない」と言った
暁には、やはり、「必ず実行せよ」と脅迫
された。
毒親の本領発揮だろうか?
ママは寂しくても、娘のあなたが幸せなら
それでいい、というあからさまな裏読みを
求めた脅迫メール。
今年は勇気を出して、「そのお祝いメール
は今後は要らない」って送ってみたよ。


ママ。
悪いけど、娘に寂しさを埋める脅迫メールは
止めてね。
ママは、同世代の友達でも作って、趣味でも
見つけて、余生を楽しんで介護保険
賄えるだけの自立をしてください。
なんならベストセラーの老後指南書でも
買って送ろうか?
読んだことないでしょ?
一人で老後を迎えるなんて、一瞬も思って
ないっていうフリには限界があるのよ。
そろそろ現実を見なさい。
娘の世話になろうなんて、何を今さら
あてにしないでね。
いざとなったときの娘頼みは、
いざとなったら、私は捨てるからね。
優しい我が妹が面倒みてくれるかもしれ
ないけど、私は捨てるからね。
あしからず。
ふざけるなでございますよ。




また先日も、久しぶりに仲のよい友達
に会った。3時間ほどおしゃべりをして、
もう死ぬほど疲れた。
彼女はいわゆる、独身バリキャリ。
私は、彼女から言わせるとリア充らしい。
私、40女パラサイト既婚無職は、確かに
肩書きだけみれば、リア充だ。
何のしがらみもなく、ぼ~っと生きてる。
しかしながら、毎日体調不良と向き合って
寝込んだりしなきゃならない身分の、
どこがリア充なのか、皆目見当つかない。
合コンした男子の愚痴を延々と垂れて、
若いアイドルの追っかけをし、
花嫁修行と称して料理教室に通う。
一応、彼氏らしき人物もいるが、結婚する
には器が小さいのだと言う。
彼女は何様だろうか。
この彼女とは長い間友達業をしているが、
いつも最後は、何様のつもりだろう、と
帰り際、眉間にシワが寄る。
何様でもない素敵な王子様が現れることを
お祈り申し上げます。
これもまぁ、ふざけるなでございますよ。




そんな、ふざけるなでございますが
立て続けに起こると、すごい疲れる。
すんごい疲れる。
時々、こういう世間の風に当たると、
ひどく消耗する。
今、現実逃避して本とか読んでるけど、
夕飯とか全く作る気がしないしね。


白黒付けないこと、
毒親譲りの完璧主義から脱すること、
多様な価値観があると認めること、

、、、

どれも無理!!!


なんだよ、迷惑メール!
なんだよ、毒親通信!
なんだよ、自己チュープライド女!


じーざす、じーざす、じーざす。


私は安全で安心な人生を生きたいだけ
なんだけどな。
どうかそっとしておいて下さい。。。




読んで頂いてありがとうございました。
また気が向いたらブログ書きます。